スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カードランカーのルルブ購入

先日、ふと浮かんだオリジナルゲームの話を
Twitterでしたところ、
フォロワーさんから「カードランカー」という
カードを扱うTRPGがあるとの紹介がありました。


超次元カードバトルRPG カードランカー (Role & Roll Books)超次元カードバトルRPG カードランカー (Role & Roll Books)
(2012/09/07)
平野 累次、冒険企画局 他

商品詳細を見る


即ポチりましたので
軽く紹介混じりに感想を。
(あ、まだセッションは未経験です)

まず、このTRPG「カードランカー」の世界観は
まるでカードゲームアニメそのまんまみたいな雰囲気です。

世の中の森羅万象のエッセンスとしてカードが生み出され、
それらを扱ってバトルするのですが
同時に悪のカードに憑かれ、カードを使って悪事をする敵NPCを
カードバトルで成敗する、といったシナリオとなってます。

ノリとしては所謂クトゥルフTRPGとかそんな厳かで冒涜的な感じではなく、
熱血主人公が仲間との絆の力でやっつける!ってイメージ。
(あくまでサンプルシナリオがそうだっただけなので、
世界の破滅みたいな雰囲気もやろうと思えば出来そう。)



では実際使われるカードの話です。

「カードランカー」の世界観の中では、通常のTCGと似た感じで
ドローや手札、山札などの概念があるらしいのですが
実際このゲームで扱うカードバトルでは
あまりそういう概念とはちょっと離れたところにあります。

【勝利条件】
・相手のLPを0にし、相手の死亡判定が失敗する
・時間切れ時、相手より自分のLPが高い
・相手の全てのカードを破壊状態にする(ライブラリアウト)

LPってのはライフのことですね
このゲームは1vs1の時は同じLPですが、
ラスボス相手には全員で、多対一で戦うので
LPがプレイヤーの人数倍ほどあります

【カードの種類】
モンスターカード…書かれているカードの数値で判定に成功すると攻撃や効果。
         パワーの類はない
マジックカード …デフォルト所持は1枚の強力な使い捨てカード。まあ何かと補充できる
         いわゆるチェーンが可能
レジェンドカード…各バトルで1回のみ使える強烈な効果を持つカード。
         キャラクター作成時にカスタムして作成
セットカード  …ラスボス対戦時に1回のみ使用可能。こちらもチェーンできるものがある

通常のTCGなどでは山札からドローして…みたいな展開ですが、
こちらは最初にすべてのカードが手持ち(=公開のデッキ)になっています
1ターンに一度モンスターかレジェンドを使用でき(行為成功判定あり)、
マジックとセットは好きなタイミングで発動できます(判定なし)
CRマジック


モンスターといっても出すフィールド等があって召喚するわけじゃありません。
あくまでデッキにある状態で、効果で攻撃(相手へのLPダメージ)するわけです
中にはカード破壊や回復、特殊効果のみを発動させるものもあります
そのため全部魔法、呪文のような感覚に近いかもしれません

そして先程ライブラリアウトと言いましたが、
これはデッキのモンスターカードが破壊状態、
レジェンドカードがすべて使用済となった状態のことをいいます。

どっちかというと、TCGよりかは
ポケモンがダイレクトアタックするゲームって感じがありますね


実際の対戦ではそれらの攻撃(効果の行為判定成功)に対して
自身のモンスターを1体選んで「ブロック」に行かせることができます。
同じくカードに書かれた数値を元に判定し、
成功すればブロックに使用したモンスターを破壊して攻撃を無効
失敗すれば破壊し、また別のモンスターでブロックするかしないかを選びます



あらかたのルールはこんな感じです。
で、ちらちら出てる判定ですが、どこを基準にしているかというと

それぞれのカードには、判定に使用する「特技」が指定されてるんですね
(されてない=任意の特技を使用 のカードもあります)
その特技なんですが、
CR特技
まあ、このように結構な種類ありましてですね


最初にキャラクターを作る時に、
自分のシンボルカラーを選んで、
そのカラーから任意に3つ
それプラス任意に3つ選んで習得します。
この時、シンボルカラーの両隣との隙間を塗りつぶします
CR特技例
この例だとシンボルカラーは「緑」
習得特技は「ワーム」「鳥」「昆虫」「格闘家」「錬金術士」「恐竜」です。


このキャラクターが、
指定特技:「蟹」の《タラバーン》の効果を使いたいとします。
CRタラバーン
(画像は拾い物です…;)

判定の仕方は、
2D6で
「最短取得特技から数えたマスの個数」+「リスク値」
以上が出れば判定成功です。

このキャラクターの場合、「鳥」の特技が一番近いですね。
そこから数えて…
CR特技距離
本来は色と色の間のちっちゃいマスも数えるんですが、
先程塗りつぶしたところはマスとして数えませんので
「2」となります。

タラバーンのリスク値は「2」なので、
2D6で4以上が出れば判定成功です。

そうするとこのカードの効果を使用することが出来たり、ブロックすることができます
これらをターンごとに繰り返すんですね。


これで粗めの「カードランカー」におけるカードバトルの紹介は終わりです。
スポンサーサイト
<<二人の風厨 | ホーム | TRPG×TCG?>>

COMMENT

COMMENT FORM


管理人宛・閲覧者に表示しない
| ホーム |

プロフィール

サード

Author:サード
もう最近DMPかどうかは怪しい。
使用デッキ:白シャブ、
運がとことん無いことに定評があるらしい

緑髪が大好き

カウンター攻撃

Hit!

最新記事

CustomRssReader

Twitter

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

応援中

幻想鏡幻詩公式HP DM Vault アラジン@ゆっくりザキラのブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。